홈 > 비자정보 > 법무성/입관 정보

법무성/입관 정보

Re: 許可事例,不許可事例

留学生からの「技術・人文知識・国際業務」への変更許可申請についての許可事例,不許可事例​

本邦の大学を卒業した留学生に係る事例

○ 許可事例

 

(1)大学(工学部)を卒業し,電機製品の製造を業務内容とする企業との契約に基づき,月額23万円の報酬を受けて,技術開発業務に従事するもの。


(2)大学(経営学部)を卒業し,コンピューター関連サービスを業務内容とする企業との契約に基づき,月額18万円の報酬を受けて,翻訳・通訳に関する業務に従事するもの。


(3)大学(法学部)を卒業し,法律事務所との契約に基づき,月額19万円の報酬を受けて,弁護士補助業務に従事するもの。


(4)大学(教育学部)を卒業し,語学指導を業務内容とする企業との契約に基づき,月額17万円の報酬を受けて,英会話講師業務に従事するもの。


○ 不許可事例


(1)大学(経済学部)を卒業した者から,会計事務所との契約に基づき,月額23万5千円の報酬を受けて,会計事務に従事するとして申請があったが,当該事務所の所在地には会計事務所ではなく料理店があったことから,そのことについて説明を求めたものの,明確な説明がなされなかったことから,当該事務所が実態のあるものとは認められず,「人文知識・国際業務」の在留資格に該当する活動を行うものとは認められないことから不許可となったもの。


(2)大学(教育学部)を卒業した者から,弁当の製造・販売業務を行っている企業との契約に基づき現場作業員として採用され,月額20万円の報酬を受けて,弁当加工工場において弁当の箱詰め作業に従事するとして申請があったが,当該業務は人文科学の分野に属する知識を必要とするものとは認められず,「人文知識・国際業務」の該当性が認められないため不許可となったもの。


(3)大学(工学部)を卒業した者から,コンピューター関連サービスを業務内容とする企業との契約に基づき,月額13万5千円の報酬を受けて,エンジニア業務に従事するとして申請があったが,申請人と同時に採用され,同種の業務に従事する新卒の日本人の報酬が月額18万円であることが判明したことから,報酬について日本人と同等額以上であると認められず不許可となったもの。


(4)大学(商学部)を卒業した者から,貿易業務・海外業務を行っている企業との契約に基づき,月額20万円の報酬を受けて,海外取引業務に従事するとして申請があったが,申請人は「留学」の在留資格で在留中,1年以上継続して月200時間以上アルバイトとして稼働していたことが今次申請において明らかとなり,資格外活動許可の範囲を大きく超えて稼働していたことから,その在留状況が良好であるとは認められず,不許可となったもの。

 

本邦の専門学校を卒業した留学生に係る事例

○ 許可事例


(1)マンガ・アニメーション科を卒業し,専門士の称号を付与された者から,本邦のコンピュータ関連サービスを業務内容とする企業との契約に基づき,月額22万円の報酬を受けて,ゲーム開発業務に従事するもの。


(2)電気工学科を卒業し,専門士の称号を付与された者から,本邦のTV・光ファイバー通信・コンピューターLAN等の電気通信設備工事等の電気工事の設計・施工を業務内容とする企業との契約に基づき,月額22万円の報酬を受けて,工事施工図の作成,現場職人の指揮・監督等に従事するもの。


(3)建築室内設計科を卒業し,専門士の称号を付与された者から,本邦の建築設計・設計監理,建築積算を業務内容とする企業との契約に基づき,月額18万5千円の報酬を受けて,建築積算業務に従事するもの。


(4)自動車整備科を卒業し,専門士の称号を付与された者から,本邦の自動車の点検整備・配送・保管を業務内容とする企業との契約に基づき,月額18万4千円の報酬を受けて,サービスエンジニアとしてエンジンやブレーキ等自動車の基幹部分の点検・整備・分解等の業務に従事するとともに,自動車検査員としての業務に従事することとなるもの。 

 

○ 不許可事例


(1)専修学校(ジュエリーデザイン科)を卒業し,専門士の称号を付与された者から,本邦のコンピュータ関連サービスを業務内容とする企業との契約に基づき,月額20万円の報酬を受けて,外国人客からの相談対応,通訳や翻訳に関する業務に従事するとして申請があったが,履修内容と職務内容との間に関連性が認められないため不許可となったもの。


(2)専修学校(日中通訳翻訳学科)を卒業し,専門士の称号を付与された者から,本邦の漆器製品の製造を業務内容とする企業との契約に基づき,月額12万5千円の報酬を受けて,中国語翻訳・通訳,漆器の塗装補助業務に従事するとして申請があったが,通訳・翻訳業務については,それを主たる活動として行うのに十分な業務量があるとは認められないこと,漆器塗装は自然科学又は人文科学の分野に属する技術又は知識を必要とするものとは認められず,「人文知識・国際業務」,「技術」のいずれにも当たらないこと,申請人と同時に採用され,同種の業務に従事する新卒の日本人の報酬が月額17万円であることが判明したため,日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けているとはいえないことから不許可となったもの。


(3)専修学校(情報システム工学科)を卒業し,専門士の称号を付与された者から,本邦の料理店経営を業務内容とする企業との契約に基づき,月額25万円の報酬を受けて,コンピューターによる会社の会計管理(売上,仕入,経費等),労務管理,顧客管理(予約の受付)に関する業務に従事するとして申請があったが,会計管理及び労務管理については,従業員が12名という会社の規模から,それを主たる活動として行うのに十分な業務量があるとは認められないこと,顧客管理の具体的な内容は電話での予約の受付及び帳簿への書き込みであり,当該業務は自然科学又は人文科学の分野に属する技術又は知識を必要とするものとは認められず,「技術」,「人文知識・国際業務」のいずれにも当たらないことから不許可となったもの。


(4)専修学校(ベンチャービジネス学科)を卒業し,専門士の称号を付与された者から,本邦のバイクの修理・改造,バイク関連の輸出入を業務内容とする企業との契約に基づき,月額19万円の報酬を受けて,バイクの修理・改造に関する業務に従事するとして申請があったが,その具体的な内容は,フレームの修理やパンクしたタイヤの付け替え等であり,当該業務は自然科学又は人文科学の分野に属する技術又は知識を必要とするものとは認められず,「技術」,「人文知識・国際業務」のいずれにも当たらないため不許可となったもの。

Comments 0

로그인한 회원만 댓글 등록이 가능합니다.
번호 제목 글쓴이 날짜 조회
就労資格の問い合わせ事項について(Q&A) M 관리자 2018.05.22 161
「技術・人文知識・国際業務」の在留資格の明確化等について M 관리자 2016.03.31 241
ホテル・旅館等において外国人が就労する場合の在留資格の明確化について M 관리자 2016.02.19 108
「経営・管理」「企業内転勤」についての説明 M 관리자 2015.07.13 174
在留資格「経営・管理」の基準の明確化(2名以上の外国人が共同で事業を経営する場合… M 관리자 2018.12.10 234
外国人経営者の在留資格基準の明確化について M 관리자 2018.12.10 526
127 특정기능비자 / 特定技能ビザ 19년4월부터 시행 M 관리자 2019.02.09 59
126 新たな外国人材受入れ(在留資格「特定技能」の創設等) M 관리자 2019.01.08 44
125 更新及び変更に係る不許可事例について M 관리자 2019.01.06 28
124 入管法及び法務省設置法改正について M 관리자 2018.12.19 62
123 外国人経営者の在留資格基準の明確化について M 관리자 2018.12.10 526
122 在留資格「経営・管理」の基準の明確化(2名以上の外国人が共同で事業を経営する場合… M 관리자 2018.12.10 234
121 外国人・海外居住者の方の商業・法人登記の手続について M 관리자 2018.10.24 169
120 「在留資格取消件数」について M 관리자 2018.10.03 46
119 インターンシップを希望の留学生へ M 관리자 2018.07.04 59
118 在留審査処理期間 M 관리자 2018.06.12 99
117 就労資格の問い合わせ事項について(Q&A) M 관리자 2018.05.22 161
116 特定活動告示 M 관리자 2018.05.02 193
115 留学生の在留資格「技術・人文知識・国際業務」への変更許可のガイドライン M 관리자 2018.05.01 150
열람중 Re: 許可事例,不許可事例 M 관리자 2018.05.01 206
113 大学等を卒業後就職活動のための滞在をご希望のみなさまへ M 관리자 2018.05.01 77
112 平成29年末現在における在留外国人数について(確定値) M 관리자 2018.03.30 48
111 本邦における不法残留者数について(平成30年1月1日現在) M 관리자 2018.03.30 43
110 平成29年における入管法違反事件について M 관리자 2018.03.29 48
109 就労制限の対象となる難民認定申請者について M 관리자 2018.03.01 49
108 難民認定申請を考えている技能実習生の皆様へ M 관리자 2018.03.01 35
107 難民認定申請を考えている留学生の皆様へ M 관리자 2018.03.01 32
106 新しいデザインの証印シールの使用開始について M 관리자 2018.02.26 29
105 地方公共団体が起業支援を行う場合における在留資格「経営・管理」の取扱いについて M 관리자 2018.02.02 32
104 永住許可に関するガイドライン(平成29年4月26日改定) M 관리자 2017.04.28 85
103 中国人に対するビザ発給要件の緩和 M 관리자 2017.04.25 78
102 外国人入国記録(翻訳併記版) M 관리자 2017.02.16 56
101 在留資格「介護」の新設に係る特例措置の実施について M 관리자 2017.02.16 48
100 出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律が成立しました。 M 관리자 2016.12.01 63
99 技能実習法が成立しました M 관리자 2016.12.01 74
98 平成28年10月から「バイオカート」を導入します。 M 관리자 2016.10.12 67
방문해 주셔서 감사합니다 !
공관업무시간 안내
受理及领证时间:工作日上午9:00--12:00
联系电话:03-3403-5633,03-3403-5232, 24小时自助语音咨询电话:03-5785-6868
E-mail: japan12308@163.com
※中国及日本节假日休息,但根据情况会有所调整,详情请见通知)
중국대사관 홈페이지
受付時間:9時~16時(土・日曜日,休日を除く)
就労審査部門​: 03-5796-7252
​ 永住審査部門​: 03-5796-7255
研修・短期滞在審査部門​: 03-5796-7254
E-mail: info-tokyo@immi-moj.go.jp(インフォメーションセンター )
입국관리국 홈페이지
비자접수:09:00~11:30
비자교부:14:00~16:00
영사과 전화번호 : (81-3)3455-2601~3
E-mail: consular_jp@mofa.go.kr(영사과)
※토,일 및 일본국 공휴일, 대한민국 국경일(3.1절, 광복절, 개천절, 한글날) 휴무
한국대사관 홈페이지
온라인 설문조사
당신은 어느 직종에 종사 하시나요?
결과
Previous Next